ハリ・コシ授乳中は髪の毛が弱る?

哺乳瓶

 他のページでも紹介していますが、産後は髪が抜けやすい時期になります。が、抜けるとまではいなずとも、何となく髪の毛が弱ってきたハリ・コシがなくなった気がするということを感じることがあります。

 育児のストレスや睡眠不足などでも髪の毛が弱った感じになるのですが、実はこれ、母乳を出すための女性ホルモンの影響でもあるのです。この女性ホルモンはプロラクチンというホルモンなのですが、これには

  • 乳腺刺激により、母乳を出す働き
  • 母性行動を引き起こす働き
  • 免疫反応関連の働き
  • 血管を新しく作る働き

 などと色々な働きがあるのですが、これには髪の毛の成長を鈍くするという作用もあるのです。何となくハリ・コシがなくなっているのはプロラクチンのせいかもしれません。

ハリ・コシがなくなってきてその後抜け毛に繋がりますか?

ヘアブラシ

 ハリやコシがなくなるのと、抜け毛、薄毛になるというのはどちらも同じ時期に起こるものなので、同じものと考えられやすいものなのですが、直接的に関係があるとは考えられていません。

 特に授乳中のハリ・コシの低下に関しては、直接的な関連はありません、ホルモンの影響が大きいだけです。

 ただ、抜け毛とハリ・コシの低下は無関係と考えにくいというのが実際のところだと思います。

ハリ・コシを戻す方法

 産後で一時的にホルモンバランスが崩れていることなどが原因なので、基本的には時間とともに髪の毛は回復していくものです。

 ただ、長引く方は長引きますし、産後の抜け毛が回復するよりも前に、本格的な女性の脱毛症へと進行してしまうこともあります。産後1年以上が経過しても、髪の毛に元気が戻らないというようなケースでは確実に危険信号が出ているかと思います。

 これは個人的なアドバイスにはなるのですが、産後3か月頃から抜け毛に気付き始めるのですが、その辺りのタイミングから育毛剤による対策を始めたいなぁと思います。

 もし、育毛剤選びに悩んでいるのであれば、授乳中でも使える育毛剤をピックアップしていますので、そちらのページを参考にしてみてください。

 髪の毛を元気にする育毛剤を探す!

金額が安い育毛剤

育毛剤ガチンコ比較!

当サイトについて

当サイトでは育毛・頭皮ケア成分の多いものをランキング上位と紹介しています。また、紹介している全ての育毛剤は授乳中でも使用できます。

Page top icon