授乳中に使える育毛剤

 当サイト掲載の女性用育毛剤は

  1. 赤ちゃんに影響がない育毛剤
  2. 母乳に移行する成分がない育毛剤
  3. 美容・育毛成分がたっぷりの育毛剤

 のみを掲載しております。

 安心してください、授乳中に使える育毛剤はたくさんあります

 当サイトでママの悩みが1つでも解決して赤ちゃんとの楽しい生活を過ごせるようになることを心からお祈りしています^^

赤ちゃんとママ

 現役薬剤師である私が、女性用育毛剤を成分から調べ上げ、授乳中に使える女性用育毛剤ランキングとして紹介したいと思います(妹に調べろと言われて渋々)ので、どうぞ安心してご覧くださいませ。



ベルタ育毛剤

ベルタ育毛剤はここが良い!

  1. 育毛・ケア成分56種類配合
  2. 99.9%が育毛・頭皮ケア成分で余計なものが含まれていない
  3. しかも天然成分由来99.6%
  4. 妊娠中~授乳中でも使用OK
天然由来成分 アミノ酸 添加物
53種
◎
14種
◎
無添加無香料
◎
ベルタ育毛剤のここをチェック!

 産後の、特に授乳中のでも使えるようにと開発された女性用育毛剤です。

 ベルタブランドは、ベルタ酵素、ベルタ葉酸サプリ、ベルタプエラリアやベルタ妊娠線クリームなど、産後の女性の悩みのための商品を作り続けているブランドなので、最も安心感が強い育毛剤だといえます。

 しかも、育毛・頭皮ケア成分が業界トップクラスの56種類!そして、ナノ化された成分数はなんと32成分と育毛剤としてもかなり優れた部類の育毛剤です。



マイナチュレ

女性専用の無添加育毛剤「マイナチュレ」

マイナチュレはここが良い!

  1. 育毛・ケア成分41種類配合
  2. 初回購入980円という破格
  3. 数多くのメディアで取り上げられ、表彰された育毛剤
  4. 当然、妊娠中~授乳中でも使用OK
天然由来成分 アミノ酸 添加物
27種
〇
10種
◎
無添加無香料
◎
マイナチュレのここをチェック!

 女性の抜け毛・薄毛と言ったら、マイナチュレが断トツに有名です。各メディアにも取り上げられていて認知度もクチコミ数も段違いに多いです。みんなが使っているものが良いという方にオススメです。

 育毛・頭皮ケア成分はベルタ育毛剤に次いで2位の多さ、41種類です。某クチコミサイトでも41週に渡って上位にランクインした人気度は安心感の目安にできるかも。



ハリモア

ハリモア

ハリモアはここが良い!

  1. 育毛・ケア成分34種類配合
  2. ナノ化された成分数が業界トップクラス!
  3. 美容・育毛成分の配合量が99.7%
  4. 当然、妊娠中~授乳中でも使用OK
天然由来成分 アミノ酸 添加物
28種
◎
不明
△
無添加無香料
◎
ハリモアのここをチェック!

 スキンケア発想の頭皮ケアをしてみたいというのであれば、このハリモアが一番しっくりくるかと思います。特に30代後半以上の高齢出産からの特別なエイジングケアが必要なママ向けの育毛剤だと思います^^

 育毛・頭皮ケア成分はベルタ育毛剤、マイナチュレに次いで3位の多さで34種類です。そしてハリモアの特徴としてナノ化された成分が33種類もあり、これはベルタ育毛剤よりも多い成分数になっています。



産後の抜け毛はいつ治まる?

 一般的に産後の抜け毛は1~2年以内におさまると言われており、育毛剤は不要とも言われています。実際に多くのママが育毛剤がなくとも抜け毛は治まっています。

 しかし、そうはいっても、当然、抜け毛が長引く人もいるのが現実です。

抜け毛の絶望感

 1年以内に抜け毛がおさまると大きな問題にはならないのですが、1年以上抜け毛が治まらないと、赤ちゃんと外出するケースが増えてくるので、ママの体力を奪うイベントが日に日に増えるのです。

 お出かけ回数が増えると、

  1. 紫外線が強烈に降り注ぐ公園へと出かけたり
  2. 突然走り出す子供を追いかけたり
  3. 抱っこする子供も重くなったり動きも活発になったり

 っと、どんどん育児による疲労が大きくなり、その疲れが髪や頭皮にも影響が出てくるのです。

紫外線でダメージを受ける

 こうなってくると、ママの体力がなかなか回復せず、頭皮環境が悪化しやすくなります。産後の抜け毛が長引いているケースはこういった条件が重なっているママだと考えています。

 産後で一気に進む抜け毛、睡眠不足でのダメージ、1年後以降の赤ちゃんとのお出かけで、さらに薄くなった頭皮への紫外線ダメージ、などなどが、抜け毛が長引く原因というわけです。

 つまりしっかり頭皮環境を整えるのであれば、授乳中から早めのケアが絶対オススメ!と考えています。

 産後の抜け毛に使う場合の育毛剤は、一生使い続けるわけではなく、1年間限定で使うと考えれば悪くない買い物だと思いますよ^^

授乳中の育毛剤、最もオススメは!

ベルタ育毛剤

ベルタ育毛剤はここが良い!

  1. 業界トップクラスの育毛・ケア成分56種類配合
  2. 99.9%が育毛・頭皮ケア成分で余計なものが含まれていない
  3. 天然成分由来99.6%
  4. 刺激肌・乾燥肌・アレルギー肌でもOK
  5. 当然、妊娠中~授乳中でも使用OK
天然由来成分 アミノ酸 添加物
53種
◎
14種
◎
無添加無香料
◎
ベルタ育毛剤のここをチェック!

 うちの妹も結局2年以上、分け目ががっつり目立つほど抜けた状態で、なかなか元には戻りませんでした。

 完全にダメージを負いきってからの回復はなかなか難しいんだと感じましたので、授乳中から可能な限り早めのケアをオススメしています。



授乳中でも使える女性用育毛剤ランキングの解説

ベルタ育毛剤

 育毛剤全般に言えることですが、有効成分がしっかり入っているかいないかが一番重要なので、当サイトのランキングは基本的に育毛ケア成分の種類や量の多いものがランキング上位となっています^^

 とはいえ、授乳中の赤ちゃんに影響を与えるような成分を持つ育毛剤や、作用のある成分が入ったものはランキングからそもそも除外していますので、当サイトのランキングのものはどれも授乳中でも安心して使える育毛剤ですよ^^

あとがき

 以上、3つの育毛剤を紹介してみました。今のところ育毛・頭皮ケア成分の量から考えてベルタ育毛剤が断とつでトップなんではないかと思います。

 ちなみに現在2017年ですが、授乳中に使える育毛剤ランキングの上位3位に大きな変動はありません。

 成分種にこだわった育毛剤の現状はあまり変わってないようです。変わったことはといえば、初回購入の費用が変わったり、定期購入の回数縛りがなくなったりとそういう部分での差別化が進んでいるみたいです。

ベルタ育毛剤(安心成分たっぷり!)

イチオシ ★ ★ ★ ★ ★

 もうここまでしっかりと読んでくださった方には多くを語る必要はないと思います。成分種が最も多いベルタ育毛剤から始めてみてください。

 産後の抜け毛は自然に治るから・・・っと放置して戻らなくなるケースも私は知っています。そうならないため、何らかの対策を始めて欲しいと願っています

 徹底レポートを読む  公式サイトを見る
天然由来成分 53種類
アミノ酸 14種類
添加物 無添加無香料
定期購入縛り 最低3ヶ月の
継続が必要

産後の抜け毛対策の育毛剤でどれを買えば良いか分からない場合、ベルタ育毛剤がダントツおすすめです!

ここが良い点!

  1. 業界トップクラスの育毛・ケア成分56種類配合
  2. 99.9%が育毛・頭皮ケア成分で余計なものが含まれていない
  3. 天然成分由来99.6%
  4. 刺激肌・乾燥肌・アレルギー肌でもOK
  5. 当然、妊娠中~授乳中でも使用OK

ここはイマイチかも…

  1. 発売されて日が浅いのでクチコミ数が少ない(クチコミ増えました)
  2. 1日2回使うと1ヶ月に2本必要になる
 産後の抜け毛に困っている人はこちら!

授乳中に育毛剤を使用するときの注意点

ママと赤ちゃん

 当サイトで紹介している女性用育毛剤は、基本的に頭皮ケアを中心としたものばかりなので、授乳中の赤ちゃんへ大きな影響を与えるような作用を持つものはありません

 ただ、各社、『不安な場合や心配な場合はかかりつけ医に相談して使用すること』と書かれていますので、気になる方は相談してからの使用が良いかと思います。

 実際に使用している(使用していた)方々の口コミなんかを見ていると授乳中に使っています!や、使っていました!なんて声が多くみられますので、基本的には心配ないと考えられますね^^(肌に合う、合わないということはあるかもしれませんが)

ベルタ育毛剤使用体験

 ただ、我が家で実際に取り寄せて使ってみたときに思ったことが1つあるのですが、どの女性用育毛剤も口に入ってしまった場合、苦いんですよね。

 まぁ、美容液みたいなものがほとんどなので、美味しくなくて当然なわけですが、これが赤ちゃんの口に入ってしまったり、これが付いた指を赤ちゃんが舐めたりした場合は、体への大きな影響はないが、イヤな思いをさせることになると思います、苦笑。

 ですので、育毛剤を使用した後は手を洗うなどしてから赤ちゃんに授乳するなり、触れ合うべきです。

育毛剤って副作用はありますか??

副作用

 女性用育毛剤の大半のものが化粧水や美容液に近しい成分が多いので、大きな副作用はないと言っていいでしょう。ただ、全員が全員、絶対に副作用がないというわけではありません。

 肌に合う、合わないということは化粧品なんかでもありますので、大体イメージが湧くかと思います。

 ただ、男性用の育毛剤に含まれている事が多いミノキシジルという成分には副作用が知られています。一部の女性用育毛剤(例えばリアップリジェンヌ)にも配合されている成分なので、この成分には注意が必要かと思います。

 ミノキシジルの副作用で多いものが、刺激感接触性皮膚炎の軽度なものが多いです。市販の育毛剤であれば、そもそものミノキシジルの濃度が低いので、重症になるようなものはほとんどありません。

ミノキシジルは赤ちゃんに影響がありますか?

えがおの赤ちゃん

 ミノキシジルは内服すると母乳へ移行することがはっきりしていますので、授乳中のママが内服薬として使うことはNGとなっています。

 この辺りのことから、育毛剤を塗ることも禁止されている育毛剤が多いです。先ほど例にあげたリアップリジェンヌの説明書(添付文書)にも妊婦、授乳中の人は使用しないでくださいっとなっています。

 とはいえ、育毛剤として外用的に使用するのであれば、ミノキシジルも問題ないんじゃないか??っと考える学会などもあります。個人的にも、頭皮に塗る育毛剤としてのミノキシジルなら大きな影響はないんじゃないか??っと思いますが、赤ちゃんへのリスクを侵さなくても、他にも女性用育毛剤はあるので、ミノキシジルにこだわる必要はまったくないと思います^^;

Page top icon