産後の抜け毛のひどさは人による

 最初に結論を書いておきますが、産後の抜け毛のひどさは人によるのです。

 これは1人目であろうと、2人目であろうと、3人目でも4人目でもあまり変わりはありません、人によるのです。

産後のママと赤ちゃん

 とはいえ、ある程度の特長や傾向はあると思いますので、その辺りのことを実際の体験談を元に紹介したいと思います。

1人目産後の方が多く抜けたというママの声

 初めての妊娠、初めての出産、初めての育児・・・っと全てのことに戸惑い、驚きの連続の日々でした。

 その分、自分に圧し掛かるストレスも多く感じたせいか、1人目の産後の方が心身ともにボロボロの状態でした。

 もちろん、自分のケアに使う時間も精神力もなく、髪の毛もごっそり抜けました。

産後の髪はボサボサ

2人目は育児に余裕ができた

 2人目は、起こる全てのことが、”そうそう、大体こんなもん”っという感じでやり過ごせることも多かったので、ストレスを感じることも少なかったです。

 子供が2人になるので大変は大変なのですが、精神的に余裕が生まれました。

  • 1人目の育児は初めてのことばかりだったのでストレスが多かった
  • 2人目の育児は慣れがあったので、ストレスが少なかった
  • 心に余裕があり、自分にかける時間もある程度作れた

 と、いうことで私の場合は1人目の方が産後の抜け毛がひどかったです。

2人目産後の方が多く抜けたというママの声

 1人目のときはさほど気にならなかった抜け毛が、2人目のときはどっさりでした。

 2人目の出産が少し年齢的に遅かったせいかもしれませんが、元の状態に戻るまで結構な時間がかかり、焦りました。

2人目のときの産後の抜け毛

 もしかすると、1人目のときも抜け毛はあったのかもしれませんが、育児の大変さに気付かなかっただけかもしれませんが・・・。

  • 1人目の産後ではそれほど気付くことがなかった
  • 2人目の出産が遅かったため、抜け毛の回復に時間がかかった
  • 1人目の産後は自分のことを気にかけている余裕がなかっただけかも?

 書いていて感じたのですが、産後の抜け毛がひどかったというよりは、年齢的な問題で回復が遅かっただけなのかもしれません。

 っとまぁ、人によってストレスの感じ方や出産した年齢も異なるわけなので、一概には言えない感じだということが分かりました。

 いずれにせよ、産後のストレスや加齢が大きな要因をしめている可能性があるということは分かりましたね。

産後の抜け毛は2人目の方が重症化しやすい?

 結局のところ、個人差があるのではっきりしない部分はあるのですが、2人目の方が当然ながら1人目のときよりは歳をとっているわけなので、回復するための体力が落ちています。

 特に高齢出産にもなってくると、産後の抜け毛~そのまま壮年期の抜け毛(脱毛症)へと移行してしまい、元に戻らなくなった・・・っという話もあるくらいです。

産後の抜け毛が止まらない

 実際に、女性専門の薄毛治療クリニックへ取材に行ったことがありますが、そこでのインタビューで産後の抜け毛での来院は少ないですが、産後の抜け毛が2年以上も治まらないというママの来院はあるとのことでした。

 大半の場合、産後の抜け毛は1人目でも2人目でも自然に治まります。だけど、2人目の方が重症化する可能性が1人目のときよりは高いと言えるのかもしれません。

 もし、薄毛治療の専門病院について疑問がある方はこちらのサイトを参考にしてみてください。当サイトの姉妹サイトです。

 薄毛治療の専門病院への取材をしてきたよ

Page top icon